HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

イオン環境財団、中国武漢市の小中学校計5校を対象に太陽光発電システムを寄贈

2017年10月24日

環境活動と環境団体への支援を手掛ける公益財団法人イオン環境財団(理事長・岡田卓也イオン名誉会長)は、中国武漢市の小中学校計5校を対象に太陽光発電システムを10月21日に寄贈する。同市の小中学校にシステムを贈るのは前年に続いて2回目となり、合わせて10校に増える。再生可能エネルギーの啓発と環境教育を目的にする。

イオン環境財団は、日本と中国の国際協力促進のため1993年から「日中環境国際シンポジウム」を開催している。財団設立25周年の2015年に北京市で4回目を開き、総括の意味で2016年から3年間、植樹の継続と環境教育を推進することで同市人民政府と合意した。これに基づいて武漢市の小中学校に太陽光発電システムを寄贈している。

今回は武漢市の育才第二小学、育才怡康小学、新洲区陽邏街第五小学、陽邏経済開発区第三小学、蔡甸区索河中学に贈り、育才第二小学で贈呈式を開く。イオン環境財団は再生可能エネルギーの普及・啓発を狙いに2009年から各国の小中学校に太陽光発電システムを寄贈していて、これで日本、マレーシア、ベトナム、中国計45校になる。

2017年は日中国交正常化45周年にあたり、この事業は外務省の行事に認定されている。イオン環境財団はこれまでも中国各地で環境保全に取り組み、植樹や環境教育を展開してきた。植樹は万里の長城(1998~2010年)、青島市(2005~2007年)、山東省烟台・威海市(2008~2011年)、蘇州市(2014年)、北京市(2016年)で実施した。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る