――世界での2017年の出荷実績について、教えてください。

 約9GWで、仕向地別では約30%が中国、約15%が米国、約15%がインド、このほか日本やオーストラリア、東南アジア、中南米となっています。

中国における太陽光発電の新設市場は、2016年の約45GWから、2017年には約53GWに拡大しています。市場の拡大を取り込み、仕向地別の中国の比率が高まっています。

2018年の出荷目標は、2017年の約9GWから、さらに拡大する数値を掲げています。

――日本向けの実績は、どの程度ですか。

 数量は非公開ですが、全体の5%強です。出荷量は2016年に比べると、約25%増えました。産業用、住宅用の両方とも、出荷量が増えています。

――出荷量の増加に伴い、生産能力も増えているのですか。

 現在、セル(発電素子)、パネルともに自社工場の生産能力は年産で約8.5GWです。2017年時点で、出荷量が約9GWに増えましたので、生産能力を超えています。

不足分については、OEM(相手先ブランド品製造)を活用して調達しています。この外注先における生産については、トリナ・ソーラーがしっかり管理しています。

トリナ・ソーラーでは、資産をできるだけ少なくするライトアセット(Light Asset)の方針をとっています。その一環として、自社工場の生産能力を過剰には増やさず、パートナー企業を活用することで、需要の増加を取り込みつつも、不釣り合いな資産の保有を抑えることで、パネルの製造・販売事業をより持続的な体質にしようと考えています。

――中国の太陽光パネル大手各社は、従来主力だった多結晶シリコン型の汎用品に加えて、効率や信頼性をより高めた新製品を拡販する方向を目指しています。トリナ・ソーラーでは、高効率・高信頼のタイプの販売実績は、どの程度まで高まっていますか。

 2017年の出荷実績・約9GWのうち、約10%が単結晶シリコン型になっています。また、2年前に販売を開始した両面ガラス型の出荷実績は、1GW以上まで拡大しています。

両面ガラス型の出荷先は、量が多い順に、中国、日本、オーストラリアとなっています。

日本では、いちごが2018年3月に稼働した、岡山県笠岡市の農業用ため池を活用した出力約2.64MWの水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)などで採用されています(関連ニュース)。

展示会などで発表している「ハーフセル」を使った製品などは、2018年から納入が始まるため、まだ出荷実績はありません。

日本向けの両面ガラス型の出荷は、2018年に増えてくる予定です。規模の大きな太陽光発電所から採用されており、その納入が始まるためです。

両面ガラス型に対する需要の高まりは、水上や屋根上の発電所で、とくに感じています。また、同じ両面ガラスでも、裏面も発電できる「両面発電」タイプへの関心が高いことも実感しています。両面発電タイプの生産能力は、年300MWに高めています。

水上では、両面ガラス型で長期信頼性を高めた製品を採用するのであれば、さらに一歩進めて、両面発電タイプで水面からの反射光も利用して発電量を上乗せすることで、事業性を高めたいと考える顧客が増えています。

一方、屋根上では、両面ガラス型は安全性の向上を目的にした採用が増えています。裏面を樹脂製のバックシートの代わりに、ガラスで封止していることで、火災時に太陽光パネルに燃え移りにくくなる効果が評価されています。

――両面ガラスの製品は、片面発電・両面発電のいずれのセルを使った場合でも、基本的にアルミフレームを備えていません。コスト面では、両面ガラス品にはアルミフレームが無い方が利点ですが、一方で、アルミフレームがないために、ガラスが直接何かにぶつかって破損するリスクや、架台への固定方法などが課題となりそうです。さらに、両面がガラスのため、パネル1枚あたりの重さが増し、施工の負担が重くなります。

トリナ・ソーラー・ジャパンの陳曄社長
(出所:日経BP)

EPC(設計・調達・施工)サービスにとっては、確かに作業の苦労があると思います。

例えば、これまでの太陽光パネルの場合、アルミフレームの部分を持って運び、架台にはアルミフレームの上から治具を使って固定していたのに、そのアルミフレームがない製品の場合、どのように運んで、どのように固定すべきなのか、最初は戸惑うこともあるかもしれません。

そこで、われわれは、両面ガラス型を採用した発電所に対して、EPCサービス会社などによる会議に参加し、両面ガラス型の設置手法などを共有するようにしています。

設置作業のマニュアルを作成して提供するほか、固定時のポイントとなる治具のネジ締めの留意点などを説明しています。

また、O&M(運用・保守)において、年に2回、両面ガラス型の外観などを点検することを推奨しています。

両面ガラス型が日本のプロジェクトに向くと考えている理由は、信頼性や発電性能といったパネルそのものの特性以外にもあります。

それは、EPCサービスの優秀さです。まだ経験の少ない両面ガラス型でも、いち早く特徴を理解し、適切に施工してもらえている印象です。

――今後の日本市場を、どのように見ていますか。

 産業用の固定買取価格の低下などを背景に、日本市場が縮小に向かうといった見方があるようですが、そうは考えていません。

まず、産業用は、未稼働の認定案件が約44GWも残っています。メガソーラーだけでも約25GW残っています。この需要で、今後5年間程度は、一定以上の安定した数量の市場規模が続くとみています。

その後は、住宅用やさまざまな施設の屋根上の市場が中心になってくるでしょう。われわれも、その市場に取り組んでいきます。

住宅用に関連して、日本企業の多くが、太陽光発電と蓄電池、電気自動車(EV)などにエネルギー管理システム(EMS)を組み合わせ、人工知能(AI)まで活用して最適制御するシステムを模索しています。この市場には、期待しています。

――トリナ・ソーラーでは、産業用・住宅用ともに、太陽光パネルの販売だけでなく、発電システムや遠隔監視・制御システム、さらに、太陽光発電を導入したマイクログリッドの全体制御といった分野まで関わっていく方針を、3月に明らかにしました(関連コラム)。追尾型の架台システム大手も買収しました(関連ニュース)。ただ、そのすべてを日本で実現するのは難しいとも感じます。日本では、どのように展開していきますか。

 産業用については、水上型などのシステム提案を先行します。

日本の水上型のシステム提案では、太陽光パネルは両面ガラス型、直流回路1500Vを想定しています( 関連ニュース)。これは、海外での提案内容と同じです。

しかし、太陽光パネルや接続箱を水上に浮かべるフロートについては、日本独自のものを提案します。池の安全性などをより優先した発電システムとするためです。

日本ではさらに、2019年ころを目安に、積雪地向けのシステムの提案をはじめる予定です。詳細については、まだ明らかにできませんが、積雪地ならではの課題を解消しながら、一定以上の事業性を確保しやすい発電システムを実現します。

こうした、一般的に「ニッチ市場」と分類される市場でも、日本には大きな可能性が残っていると考えています。

大規模な市場では、どうしてもワット(W)単価の競争になりがちですが、エネルギー転換を世界的に実現しつつある分野で、価格競争ばかりの展開では面白くありません。

管理に課題を持つため池や、積雪で不便や不利を抱える地域において、適切な太陽光発電システムを提案することによって、事業面だけでなく、さまざまな利点をもたらし、地域に新たな幸せをもたらす存在になりたいと考えています。

また、蓄電システムについては、すでに日本でも産業用と住宅用の両方に展開しています。住宅用では、すでに納入実績もあります。

「エネルギーIoT」といった取り組みは、こうした太陽光パネルだけでなく、発電システム全体を最適化する取り組みから、さらに電力全体に近い広い分野まで事業の領域を拡大していく取り組みです。

太陽光発電という分散型の電源を多く活用したマイクログリッドでは、スマートなエネルギーのネットワークが確立され、さまざまな立場のプレイヤーが自由にエネルギーをやり取りする状況が実現されるでしょう。そのプラットフォームを構築していく取り組みです。

まずは中国で取り組みが始まる予定です。

そこでは、太陽光発電システムだけでなく、蓄電システム、クラウドコンピューティングや金融、IT(情報技術)、コンサルティングなどの戦略的なパートナーとエコシステムを構築し、送配電、電力取引、需給管理まで取り込んだ事業モデルを築きます。

――営農型向けの取り組みは、どのような状況でしょうか。最近では、タイ系の太陽光発電事業者のビーシーピージージャパン(BCPGジャパン:東京都港区)が、静岡県御殿場市で2カ所・合計出力約4.4MWの営農型のメガソーラーに、トリナ・ソーラーの太陽光パネルを採用したことを明らかにしています。

 営農型も、期待している分野です。ただし、現状では、日本全体で当初、期待した規模に比べ、市場の拡大が遅れている状況です。今後、ルールの変更などによって、拡大のきっかけが訪れることを期待しています。

また、営農型や水上型は、下が農地か水面かという違いはありますが、それぞれの分野を横断したような太陽光発電所が開発される可能性があります。

中国では、水上型の太陽光発電所に、日本の営農型のような架台を組んで発電設備を設置している例もあります()。出力は約120MWと大きく、両面ガラス型の納入先の一つです。

図: 営農型のような架台を使った中国の湖の太陽光発電所
両面ガラスの太陽光パネルを採用(出所:トリナ・ソーラー)
[画像のクリックで拡大表示]

下は湖の水面で、養殖が営まれています。湖に柱を立てて、高い場所に両面ガラス型を固定しています。この案件で両面ガラスが採用された理由の一つは、魚が育つには、一定の光が必要なためとのことです。