「太陽光で走る地下鉄」実現に向け、チリ企業が開閉所を買収 | (株)成功コンサルタント
HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

「太陽光で走る地下鉄」実現に向け、チリ企業が開閉所を買収

2017年9月30日

チリの送電会社であるTranselec社と太陽光パネル大手の米サンパワー(SunPower)社は9月25日、出力100MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「El Pelícano Solar Project(ペリカン太陽光プロジェクト)」を同国中央部の送電網「中央供給システム(SIC)」に相互接続する開閉所をTranselec社が買収したと発表した。

今回Transelec社が取得した開閉所「Don Héctor」は、El Pelícanoから6.5kmの位置にある。

ペリカン太陽光プロジェクトは現在、サンパワーが建設を進めている。2017年末までの稼働を見込んでおり、首都サンティアゴの地下鉄(Metro de Santiago)に年間300GWhの電力を供給する計画(関連記事)。

Don Héctor開閉所は、El Pelícanoだけでなく今後この地域で建設されるメガソーラー・プロジェクトを送電網に相互接続するために必要となる容量を備えているという。

Transelec社のAndrés Kuhlmanゼネラルマネージャーは、「今回の開閉所取得により、サンパワーと共同で取り組んでいた一連のプロセスが完了した。Don Héctorの技術や運用面での検討を進め、最終的には1790万ドルの投資による買収となった。今後もチリでは太陽光など再エネの市場が成長する可能性が高く、再エネによる電力の送電を可能とする資産を保有することは重要だ」と、今回の買収の意義を強調する。

サンパワーは、El Pelícanoで太陽光発電システム「SunPower Oasis」を提供している。同システムではロボット技術による太陽光パネルの清掃機能が装備されており、従来の洗浄と比較して75%の節水と最大15%の発電性能の改善が見込めるとしている。

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る