HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

「壁を築き、架台は高く」、河川氾濫で被災した宮崎県川南町のメガソーラーの復旧

2017年11月25日

河川に近い場所に立地する太陽光発電所のリスクの一つに、想定以上の大雨などによる水害がある。近年、国内外で「観測史上最多」「数百年に一度」という規模の豪雨に見舞われる地域が相次いでいる。こうした極端な気象で溢水や堤防の決壊によって河川が氾濫し、太陽光発電所が被災する例が出てきた。

2014年6月4日には、宮崎県の中部にある児湯郡川南町において、平田(へだ)川が氾濫し、近隣に立地している2カ所の太陽光発電所が水害を受けた。

図1●被災した宮崎県川南町平田のメガソーラー
被災直後の様子(出所:地域の住民が提供)

低気圧と梅雨前線による大雨が九州南部に集中的に降り、近くを流れる平田川が氾濫したことで起きた。

平田川の氾濫により、川南町では周囲の道路が一部陥没したほか、田んぼや事業所に、泥や流木の混ざった水が押し寄せた。流れ込んだ先の一つが太陽光発電所だった。

流木が多いのは、この太陽光発電所と隣接する製材所もこの氾濫で被災し、その敷地内から大量の木材が流れ出したことにもよる。製材所が上流側、太陽光発電所が下流側に位置している。

製材所の近隣の橋では、橋げたを起点に大量の木材がたまってダムのようになり、水をせき止めた(図2)。この現象と、川の氾濫の因果関係は明らかになっていない。

図2●橋に大量の木材がたまり、ダムのように水をせき止めた
橋げたを起点に大量の木材がたまった(出所:地域の住民が提供)

 

記事内容へ

 


 

 

 

 

 

 

 

成功コンサルタントは九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県・宮崎県)対応

太陽光発電、オール電化、蓄電池の訪問販売ビジネス専門コンサルティング。株式会社 成功コンサルタント

成功に向けてのお問合せは、0120-946-581.営業時間10時~19時 ※日曜除く メールお問合せ

HOMEに戻るコンサルタント料金についてコンサルタントまでの流れ会社案内代表プロフィール

 

 

業界最新ニュース!
太陽光発電・蓄電池・オール電化などの新着情報をお届けします。

 

⇒ 全て見る

 

 

ページのトップへ戻る